スポンサーリンク

私、JALマイルを貯めて、今度JALファーストクラスに乗ります。

ファーストクラス
この記事は約4分で読めます。

私、JALマイルを貯めて、今度JALファーストクラスに乗ります。

今回、ファーストクラスに搭乗して、アメリカに行くことが決定しました。本当に夢のようです。どんな世界が広がっているのでしょうか?今から楽しみでたまりません。片道100万円以上するエアーチケットですが、私は、JALマイレージ貯めてJAL特典航空券でゲットしました。貯めてわかったのですが、誰でも貯めれる可能性があると思いますよ。

私が搭乗する日のJALファーストクラスの料金は、ロサンゼルスまでの片道エアーチケット料金は、140万円。往復チケット料金は、少しお得になって175万円になるそうです。

私が使ったJALマイルは、片道70000万マイルです。このポイントをWAONポイントにすると、70000円分にしかなりません。(この事については、後程詳しく説明ます。)

まず、JALファーストクラスで旅行って、どうな感じなんだろう。どんなサービスなんでしょう。

JALファーストクラスのサービスって、どんな感じ?

JALファーストクラスに乗るとどんなサービスを受けれるのだろう。片道100万円のサービス。想像も出来ないですね。それに乗れちゃうんです。しっかり調べて行ってきます。

①JALファーストクラス搭乗手続きのサービスから違う!!

JAL国際線ファーストクラスには専用チェックインカウンターっていうものがある。そこには、レッドカーペットがひかれていて、エコノミークラスのカウンターには、長蛇の列が出来ていても、JALファーストクラスのチェックインカウンターが混雑することはない。預け入れ荷物をグランドスタッフに渡すと、プライオリティバッゲージサービス扱いとなり、赤いタグを付けてくれて到着空港で最優先で出て早く受け取れるというメリットがあるんです。

預け入れ荷物も、エコノミークラスでは、23Kg2つまでですが、ビジネス・ファーストクラスは、32kg3つまでOKです。

チェックインが終わるとスタッフが、JALファストセキュリティレーンという、時間のかかるセキュリティレーンをショートカットできてしまうVIP専用入り口まで案内してくれる。

②JALファーストクラスのラウンジがすごいーお寿司食べ放題

一番のお勧めは、目の前で職人が握った寿司を食べ放題。中トロ食べ放題も可能の時もあります。これは、楽しみですね。定番の「JAL特製ビーフカレー」やメゾンカイザーの「クロワッサン・バケット」も、おいしいです。「JAL’s Table」も、おしゃれな料理も提供される。新メニューとしての人気ラーメン店「阿夫利」とのコラボレーションによる「AFURI(阿夫利)柚子塩らーめん」と「JAL特製豚骨ラーメン」も食べたいメニューですね。日本を離れる前に、日本らしい料理を食べて旅立てるのも嬉しいですね。できるだけ早く成田空港に行き、堪能したいですね。でも、食べ過ぎるとJALファーストクラスの素晴らしい料理が食べれないので、ほどほどに楽しみたいですね。

③JALファーストクラスの機内食がすごいーミシュランクラスの料理がずらり

JALファーストクラスの機内食は、ミシュランクラスの料理がずらり。料亭の和食・3つ星レストランの洋食・カレーライスもラーメンもミシュラン獲得料理人が監修。洋食には、私の食べたことのないキャビアの瓶詰が提供されます。食べ方さえわかりません。すべて食べ放題の提供になります。ドリンクもすごい。生絞りのオレンジジュース・シャンペーンのウエルカムドリンクから始まり、料理合わせたすばらしいワイン・日本酒。入手難の焼酎「森伊蔵」も提供されます。この日限りは、ダイエットのリミットを外してもいいでしょう。

④JALファーストクラスの座席・アメニティグッズも特別

JALファーストクラスの座席も素晴らしいですね。広さは、畳一畳くらいありますね。プライベイト感も保たれていますし、木目調でシックに落ち着きのある雰囲気に仕上げてあり、リラックスできます。何時間でも乗っていたくなりそうですね。食事の時は、その広い席で、向かい合わせにして2人で食べることもできるそうです。

食事を食べ終わると、JALファーストクラス搭乗の人に提供される環境と健康に配慮し、生地にはオーガニックコットンを100%使用、ゆっくり過ごせるよう着心地と肌触りのリラクシングウェアに着替えます。着替えに行っている間に、JALスカイスイート特別仕様の「エアウィーヴ DUAL MODE」、「エアウィーヴピロー S-LINE」が、セッティングされベッドメイキング完了されています。その有名スポーツ選手愛用のエアーウィーヴは片面は硬め、片面は柔らかめのマットレスになっていて好みにセットされます。枕は横向きに休みの時も首・肩に負担をかけない頭の高さに保てる枕で、理想的な寝心地を実現可能にしているようです。これでぐっすり眠ることができますね。横向きになれるベット凄いですね。リラクシングウェアは、搭乗後着たものと別の新しいものをお見上げにもらえるようです。

次は、このファーストクラスを手に入れた方法を説明します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました