【超解説】WDW★リバティースクエアーリバティーボート(Liberty Square Riverboat)★ウォルトディズニーワールドマジックキングダム

広告
この記事は約16分で読めます。
ランキング参加しています。よろしくお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

リバティスクエアエリアは、初めて行かれる方は素通りするエリアですが、フロリダにしかないリバティエリアは、歴史要素が満載。初めて行かれる方は、時間が少しでも必要の為ここに滞在することは、あまりないと思いますが、2度目以降のリピーターの方は、ウォルトディズニーの作りたかった触れる乗れる博物館としてのディズニーワールドでアメリカの歴史に触れる素晴らしいディズニー感に浸ってください。

 

【超解説】WDW★リバティースクエアーリバティーボート(Liberty Square Riverboat)★ウォルトディズニーワールドマジックキングダム

 

バックグランド

 

ヨーロッパの国々のアメリカでの植民地争いがあり、スペイン・ポルトガルから始まりフランス、最後にイギリスが植民地化したアメリカ大陸。イギリスが植民地化した13の植民地が結束し1775年からアメリカ独立戦争がはじまり1776年にアメリカは、独立宣言し、1783年アメリカ独立戦争が終わり実質独立した。そんな独立しようとしている時代(とき)が舞台になっています。

 

 

リバティースクエアー(Liberty Square )

 

アメリカ殖民時代のボストンやフィラデルフィアなどの街並が再現されている。

 

liberty 意味

(束縛のない)自由、解放、釈放、(行動の)自由、自由、権利、勝手、気まま(なふるまい)、気まま、(勅許・時効で得た)特権

 

リバティー・ベル

(フィラデルフィアにあるアメリカ独立の象徴である巨鐘のレプリカ)

マジックキングダムのリバティースクエアに展示されているリバティーベルのレプリカ、ウォルトディズニーワールド、オーランド、フロリダ州

出典:AllEars.Net

 

リバティベル(自由の鐘)は、アメリカ独立戦争を1776年7月4日アメリカ独立宣言が公布されたときに鳴らされた鐘として知られている鐘です。そのレプリカを展示することをウォルトディズニーは、許可されました。

 

リバティー・ツリー

(ボストンで発祥し、これを模して当時東海岸の各殖民都市で独立のシンボルとして植えられていたエルムの樹のレプリカ)

出典:yourfirstvisit.net

 リバティツリー(自由の木)は、アメリカ独立戦争の数年前に、マサチューセッツ州ボストンに立っていた有名なニレの木でした。 1765年入植者たちが、イギリス政府に対して初めて反抗行為をこの木で上演しました。

ディズニーワールドリバティーツリーには、13種類のランタンで独立戦争をした13の植民地を表現しています。

このエリアにトイレの建物はありません。

リバティスクエアは植民地時代から独立する時代に設定しすぎているので、この土地にはマジックキングダムで唯一、トイレの建物がないエリアです。この時代には屋内配管が存在しなかったので、公衆トイレも存在しなかったでしょう。

したがって、リバティースクエアで時間を過ごすゲストは、トイレの建物がないので利用できません。リバティースクエアのレストランには、トイレがありますが正式には、トイレのあるエリアは、隣のエリアになります。(リバティー・タバーンにあるものは正式にはアドベンチャーランドにあり、コロンビア・ハウスのトイレは技術的にはファンスタシーランドにあります)

 

舗装路で、地面が赤と茶色の2色

 

地面が赤と茶色の2色であることに気付くでしょう。舗装の茶色の部分は、当時は屋内配管がなかったので、人々は排泄物を路上に捨てていましたのでそれを表現しています。

各ドアの数字

 

建物のドアに番号があります。各ドアの数字は、この時代の建築史においてそのスタイルの建物が建てられた年を表しています。各ドアの数字の前に「18」を追加すると、その建物が建てられた年が表示されます。

斜めの外窓

リバティースクエアの建物の窓の外窓には歴史があります。独立戦争の頃、イギリスはもはや入植者がそれを弾薬として使うのを阻止するためにアメリカに金属を輸送していなかった。金属の不足を補うために、入植者は代わりに外窓を固定する金具を使って弾薬を作り、代わりに革でシャッターを吊るしました。時間が経つにつれて革が老化しのびて、外窓が傾いてしまうんです。

ランタンの重要なペア

リバティースクエアランタン

リバティースクエアランタン

出典:テーマパークニュース, レビュー&ガイド |テーマパーク観光 (themeparktourist.com)

ヘンリー・W・ロングフェローの詩「ポール・リビアの乗り物」には、「陸路なら1つ、海路なら2つ」というセリフがあります。これは、入植者にイギリス軍の前進を警告するランタン信号を指します。

1つの提灯は、軍隊がより長い陸上ルートを取っていることを示しています。

2つの提灯は水路が速く、入植者が準備する時間を短縮することを示しました。

6. 歴史的な火の跡

リバティースクエアファイアマーク

リバティースクエアファイアマーク

出典:テーマパークニュース, レビュー&ガイド |テーマパーク観光 (themeparktourist.com)

リバティースクエアのこのファサードに描かれた4つの握り締められた手のシンボルは、火の印として知られています。この特定の火災マークはフィラデルフィア貢献者に属し、1752年から1830年までフィラデルフィアに現れました。火災マークは、消防士に建物が誰によって保険をかけられたかを知らせます。被保険者の建物は、消防士と、建物の結果から利益または損失を見る保険契約者の両方から優先的に注意を払われます。

 

出典:サタデーシックス:ディズニーのマジックキングダムでリバティースクエアを愛する6つの理由 – TouringPlans.com ブログ

2015年後半、ディズニーはテーマパークからほぼすべての銃を撤去しました。しかし、フロンティアランドシューティンアーケードやリバティースクエアの窓にあるこのライフルなど、まだ例外があります。(写真:ブランドン・グローバー)

 

言うまでもなく、それは私たちからのノープです!しかし、彼女に会いたいのなら、手押し車と地下室のドアがある建物を探してください – 彼女はそこの窓にいます。

この人形の理由は、実際には非常に興味深いです。植民地時代には、火災が発生した場合に備えて、子供たちがその家に住んでいることを消防士に警告するために、人形はしばしば窓に置かれました。

リバティースクエアリバーボート

 リバーボートに乗車するとアナウンスが始まります。その声は、「トムソーヤの冒険」の著者マークトウェイン本名サミュエル・ラングホーン・クレメンス本人がナレーションを担当している。

サミュエルは、フロリダに生まれ、小さいころからミシシッピ川を運航する蒸気船が好きでいつも見ていました。22歳の時夢に見ていた蒸気船の水先案内人になりました。その時に聞いた蒸気船の安全な航路ですよと伝える「マークトウェイン」をペンネームにしたそうです。

 

サム・クレメンス
「ラストコール!」貨物を積み完了! 全員乗船完了!

バウマン(船員)
貨物安全確認。全乗船確。サー!

サム・クレメンス
準備完了。エンジンルーム「4分の1後退。」ボウマン「綱を外せ」

ボウマン
アイアイアイサー!綱外しました!

サム・クレメンス
エンジンルーム: 4分の1前進。最後の鐘を鳴らせ。リードマン、水深を教えて。

リードマン(船員)
マークで:ハーフトウェイン。マーク1。マークトウェイン。マーク3。マーク4。ディープフォー。深い海

(リバーボートが動き出す)

サム・クレメンス
マーク4ですね。エンジンルーム:4分の3前進。維持してください。船を安定させて運航してくださいね。キャプテンどうぞ。

キャプテンホレスビクスビー
リバティーベルにようこそ!私はあなたのキャプテン、ホレス・ビックスビーで、テキサス・デッキで私と一緒にいるこの船ののパイロットは、サム・クレメンスという名前の新米です。彼は今日、100回目の航海です。彼の航海で事故は、ありませんでしたよ。…うーん、これまでのところ。サムはこの川を自分の裏庭のように知っています。サム、この川についてあなたが知っていることをゲストに話してください。

サム・クレメンス
さて、私はいつもは、あまりおしゃべりではないですが、私はこれだけは伝えます:私はこの川を何よりも愛しています。わたしはミズーリ州で幼児だったときから,この川がずっと大好きです。

港から離れる前に、私はあなた達にお伝えすることがあります。手すりには座っては、いけませんよ。手すりはあなたを川から守るの唯一のものです。川は初めて来たゲストに穏やかに見守ってくれません。いつ荒れるかはわかりません。また、海賊が近くで活動しているという報告もあるので、私もその理由で身を乗り出すことはありません。気を付けて乗ってくださいね。

さて、港側にいる皆さん、私たちが通っている川の町はフロンティアランドです。数年前、それは新しい生活を始めるために一握りの入植者によって荒野から作られた新しい街に過ぎませんでした。今日、平和で秩序ある街になりました。猟師、船員、鉱山の探鉱者、そしてインディアンが暮らしています。好景気で、素晴らしい大都市になる途中です。

子供のころワクワクしたのに大人になるとワクワクしなくなります。フロンティアランドは、私の故郷ハンニバルを思い出させ、私が裸足の少年で、川岸沿いで育った頃に私を連れ戻します。私が若かった頃、私をワクワクさせた心を思い出させました。

(リバーボートからスプラッシュマウンテンが見え始めました。)

フロンティアランドの郊外のすぐ向こうに高いところが見えますか?それがチカピンヒルです – 昔そういっていました。ダムは数年前にビーバーによって決壊し、それ以来、人々はそれを「スプラッシュマウンテン」と呼んでいます。スプラッシュマウンテンでは、大きな滝の上からくり抜かれた丸太に乗って下っている人もいます。馬鹿げているように思えますが本当です!

私は人生を通して、冗談とか噂話はしません。私は本当の事しかいいません。

(リバーボートはトム・ソーヤー島のいかだを通り過ぎます。)

右舷側にあるあの島は、私が幼い頃の私の遊び場でした。非常に若い。驚くほど若い – 何百年も若い?言い過ぎ。もう二度と来ないほど若いときの遊び場です。私の少年時代からの友人にちなんでトム・ソーヤーの島と名付けられました。

右舷側の向こう側にあるその島は、私が若い頃の私の踏み台でした。非常に若い。驚くほど若い—何百年も若い!私よりも若くなります。トムソーヤー島と呼ばれ、私の少年時代の友人にちなんで名付けられました。今日でも、そこにたどり着く唯一の方法はいかだです。オルマンハーパーの製粉所があります—トムの船着き場のすぐそばの森に戻っています。そして、マフポッター老人の池と彼の風車があります。私たちは、マフを殺人犯にするところだった…。そしてハックの船着き場がある!

私はいつもハックが好きでした。ハックとは親友でした!

ハックとトムと私は、私たちは島や洞窟を無謀な冒険やいたずらに明け暮れました。あなた達がどこを見るべきか私は知っているます。なぜならたくさんの冒険をしましたから。大きな島と小さな島を繋ぐ迷信橋。そこの荒れた小道を行くと、ラングホーン砦の門までたどり着きます。インディアンの国に向かう前の最後の前哨基地です。

 

(リバーボートはビッグサンダーマウンテンを通過します。)

左側を見てください。時折、岩の下にある水は自然に沸騰し、すごく長い間火の上に置かれたやかんのようにあちこちに熱い水が噴き出しています。インディアンは間欠泉には、精霊が宿っていると信じており、彼らの神聖な狩猟場の至る所で招かれざる不法侵入者の裏切り者に動揺していると私に言っていました。だからあそこの上の空に山の怒りのくすぶる火から蒸気が上がり、大きな雨が降り滝が雷のような音を出している為ビッグサンダーマウンテンと命名しました。その後、鉱山労働者や探鉱者、金持ちになる素早い投機家が現れ、数分ごとに爆発音がしたために名前が固執しました。最近は爆破多くなくなりました。ただ暴走鉱山列車の幽霊の話だけがみんなを怖がらせているだけです。

(リバーボートはビーコンジョーの小屋を通過します。)

誰か入り江にいますよ。キャプテン 。ビーコンジョーがいます。

キャプテンホレスビクスビー

ビーコンジョーは、私が覚えているよりも長い間、この川を観察しているんだよ。川が新しい水路ができるたびに、ビーコンジョーはマーカーを出して、運航しても安全かどうかを知らせるんですよ。サムは、どんなに、重い露でもリバティーベルをナビゲートできると自慢していますよね。(くすくす笑う)サム、そうじゃないの?

サム・クレメンス
まあ、私は今はもう謙虚になっていますよ。キャプテン…やっぱりそういう時は、船体をこすちゃっています。

(リバーボートがインディアンの村に近づく)

サムクレメンス
キャプテン、インディアンの港です。

キャプテン・ホレス・ビクスビー
今、あまり見かけないアルゴンキンインディアンの村です。- ええと、ポウハタン族のようです。通常、彼らはさらに東にとどまります。ここまで西のセミノールとマイアミでショショーニ族、ブラックフィート族、カラス族を見たことがあるが、アルゴンキン族は見たことがないねえ。

サムクレメンス
ここにたくさん猟をするために出てきているんですね。海岸線に沿ってヘラジカや鹿や他の多くの生き物がいましたよね。

キャプテン・ホレス・ビクスビー
それがポウハタンズ族がここまで出ている理由なのかもしれないね。うん、食べ物を得るために出てきたんだね。

(リバーボートがインディアンの第二の村に近づく)

キャプテンホレスビクスビー
もうちょっと行くと他のインディアンの村がありそこの川沿いのインディアン達は、蒸気船をどう作るのかよく分からなくてね。彼らはそれを「ペニャローレ」と呼び、これは「火のカヌー」を意味なんだよね。 – ええと、「一番上から噴き出す煙と火花が出るのがそういったわけなんだけど。初めてここを蒸気船が通り過ぎたとき、インディアン達は天の使者の一人の再臨したと思ったんだ。彼らは私たちの船を「太陽の彗星」だと言ったんだよ。

村のすぐ向こう、その丘の上には、彼らの神聖な埋葬地があるんだよ。戦いに落ちた人々は伝統的な死の床の上に置かれて、日没後、彼らは部族に名誉をもたらした偉大な戦士を哀悼するためにまた戻っていくんだよ。

サムクレメンス
注意してください。デッキウォッチ:左舷と右舷への浅瀬。エンジンルーム:着実に。

キャプテン・ホレス・ビクスビー
私たちは浅瀬に入っていますが、心配する必要はありません。サムは川のこの部分にあるすべての地形を知っています – だから彼は私たちを安全な航路に導きます。私たちは、間違えません。そうでしょサム。

サム・クレメンス
キャプテン、私たちは決して間違っていないと思います。 – 特に人を乗せている時は間違えません。リードマン、報告して!

リードスマン
マーク:マーク1、クォーターレス3、ハーフトウェイン、ハーフトウェイン、ハーフマークトウェイン、クォーターレス、赤旗、赤旗タッチイン’!

キャプテンホレスビクスビー
以前にこの道を通った人は、川のこのストレッチに沿って水がかなり浅くなることがあることを知っています。リードマンは深さを叫ぶ。各マークは6フィートです。「マーク・トウェイン」は12フィートです。そして私たちにとって、それは安全な深さを意味します。

(リバーボートはウィルソンズ・ケイブ・インを通過する。洞窟の中からキャボルティングの音が響き渡る。)

サム・クレメンス
キャプテン、カットスロート・コーナーを通り過ぎます。注意して、デッキクルー:警戒してください!もしそこに川の海賊がいるなら、ここにいる可能性が高い場所です。ええ、ここから聞こえます。しかし、彼らの騒ぎから、彼らはこの船には興味がないようです。他の目的があるようです。

(リバーボートがラングホーン砦を通過する。バグルのファンファーレが岸辺から鳴り響く。)

サム・クレメンス
デッキの皆さんが島の木々の向こう側を見ると、そこがフォート・ラングホーンです。これらの古い砦のほとんどは、貿易所として始まりました。その後、入植者が西に向かい始めると、軍隊がやって来て、占領した。私の感覚では、最近、本当は必要な自然よりも文明が多くなってきたなって感じます。

リードマン、私に川の深さを教えてください。

リードスマン
マークで:半分トウェイン、マークワン、マークトウェイン、底なし、安全な水。マークトウェイン、安全な通路。

(リバーボートはホーンテッドマンションを通過します。)

サム・クレメンス

森の向こうにあるレンガ造りの邸宅が見えますか?私は幽霊が出ると言われているのを聞いたことがあります。邸宅が神聖なインディアンの埋葬地に建てられたと言う噂があります。それで幽霊がいっぱい出るといわれています。あなた方がうたっがっているなら私は、もっとお話しできますよ。 貴方がもっと生きたいならマッチをつけないでください。さもなければ、あなたが幽霊に見えるだけでなく幽霊になってしまいますよ。

(リバーボートがリバティースクエアドックに近づく)

私たちは、私たちの母港であるリバティースクエアに近づいています。私たちはすぐに港に接岸するので、上の2つのデッキの皆さんは、すべての小包を集めて下のデッキに向ってください。もし困っている人がいたら助けてあげてくださいね。船長そして乗組員を代表して、私たちと一緒に航海してくれてありがとう、そして次回リバーベルでお会いしましょう。

キャプテンホレスビクスビー
ありがとう、サム、そして、ええと、今日私たちと一緒にアメリカの川を旅してくれた皆さんに感謝します。

サムクレメンス
エンジンルーム:4分の1の蒸気でアプローチに接近して。バウマン・パーサー:貨物をチェックして。みんな接岸の準備して。すべての乗客は、上陸するために待機してください。

(リバーボートドック。乗客は下船します。)

 

ビーコンジョー

ビーコンジョーは1849年より前にビッグサンダーマウンテン地域に定住した男でした。彼は毛皮の捕獲者、初期の開拓者、先住民のショショーニ族にかなり精通しており、開拓者のヘンリーレイヴンズウッドが山で金を発見したときに存在していました。レーヴンズウッドは、の町確立する上で行くだろうサンダーメサとビッグサンダー鉱業会社のジョーは、むしろファーウェストの川に静かな発見島の住居を取り上げ、これらの操作に参加しませんでしたけれども。

1850年代後半から1860年代初頭までに、ビーコンジョーはニューオーリンズ郊外のルイジアナ教区に居住しました。ジョーの最も注目すべき家はブルーバイユーの小屋ですが、別のワニの沼にも小屋がありました。ジョーは、川船の船員が最初に川に遭遇しないように、川に印を付け、危険がないかチェックすることで生計を立てました。彼は彼らとかなり傲慢だろうが、彼はこれらの川の船乗りとの関係を発展させた。ジョーはまた、ムーンシャインという名前の愛犬を飼っていたことでも知られています。

 

リバーボートのトリビア

  • アメリカの川はかなり深く見えるかもしれませんが、それは約7フィートです。リバティーベルのような川船が、どうしてこんな浅瀬に浮かんで横断できるのでしょう?まあ、信じられないかもしれませんが、リバティーベル川船は実際に下の河川敷に取り付けられたレールに沿って乗っています。1996年に川から水が排水されたので、メンテナンストラックは乾いた河床の周りを運転することができ、屋根はちょうど水線に達することができました!
  • ジョー・ファウラー提督は、ウォルト・ディズニー・ワールドがオープンした翌日の1971年10月2日にアメリカ川を初めて旅しました。「Dチケット」アトラクションであるこのボートは、ディズニーランドとウォルトディズニーワールドの両方の建設を監督した元米海軍提督にちなんで名付けられました。残念なことに、1980年のドライドックでの定期メンテナンス中に、ボートはクレーンから落とされ、回復不能な船体損傷を負い、早期引退を余儀なくされました。アメリカン川を航行したもう1隻の川船はリチャード・F・アーバイン号だった。1996年以来リバティーベルとして知られているアーバインは、1973年5月20日までデビューしませんでした。リバティーベルへの名称変更後、マジックキングダムと交通チケットセンターを結ぶフェリーボートのうち2隻は「リチャード・アーバイン」(元々は「マジックキングダム1」)と「アドミラル・ジョー・ファウラー」(元々は「マジックキングダム2」)と改名された。
  • リバティースクエアリバーボートは、アメリカの川をゆっくりとフェリーで17分で周回しています。スプラッシュマウンテンは11分で2番目に長い乗車地で、8分でホーンテッドマンション、約4分でビッグサンダーマウンテン鉄道が続きます。
  • リバティベルリバーボートは、ウォルトディズニーワールドのドライドックで完全にゼロから構築された、本物の作業パドルスチーマーです。ボートは水中に隠されたスチールトラック上を移動するので、ベルについてのすべては本物で、ステアリングを除いて働いています!
  • 400人乗りの蒸気輪パドルボート、リチャード・F・アーバインはウォルト・ディズニー・ワールドの敷地内金属工場で建造された最初のボートである。建設には約6ヶ月かかりました。

コメント