【2020年版】Googleアドセンス審査 初心者でも通るぞ。

広告
この記事は約9分で読めます。
ランキング参加しています。よろしくお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

【2020年版】Googleアドセンス 審査初心者でも通るぞ。

ブログを始めたならGoogleアドセンスの審査通るのが目標ですよね。初心者の私でも一発で通りました。その時の経験を通して解ったことをご紹介します。

Googleアドセンス とは、

Googleアドセンスとは、私たちの作ったWEBサイトに広告を載せて企業の宣伝をするということです。そして、広告を載せてもらったサイトには、掲載料をもらえるというシステムです。

ですから、広告を載せるサイトの質も問われるのです。昨今、コマーシャルに出ているタレントが不祥事を起こすと、企業イメージが悪くなるからと、コマーシャルから降ろされますよね。Googleアドセンスも一緒で、広告を載せるWEBサイトが、質が良く、情報がしっかり乗っていて、見ているユーザーが参考になるものに資格を与えてくれるのです。だからいくら見に来てくれるユーザーが多くても違法なサイトや社会的にイメージが悪いブログには、広告を載せたら、広告の印象が悪くなり、広告主のイメージダウンにつながりかねませんよね。ですから審査があるんですよ。

下のサイトを見るとGoogleAdSenseの理念がわかりやすくなるので、審査対策にも是非読んでください。

【稼げる?】GoogleAdSenseは稼げるの?まずGoogleを知ろう!
【稼げる?】GoogleAdSenseは稼げるの?まずGoogleを知ろう! ブログまだまだ儲かるという情報を目にしたので、頑張ろうと思っているおじさんです。まず、GoogleAdSenseで儲かるのか調査しようと思います。 Googl...

Googleアドセンス審査って?

あなたのサイトが広告を張っていいかをGoogleが審査します。審査を通過すれば、自分のブログに広告を掲載でき、ユーザーが広告をクリックすることで報酬が発生します。

独自ドメインを取得しないと審査が受けられませんよ

独自ドメイン (オリジナルドメイン)を準備しましょう。

図解でわかりやすい【安い!速い!】スタードメインとスターサーバーでWordPressを始めました。
図解でわかりやすい【安い!速い!】スタードメインとスターサーバーでWordPressを始めました。 いろいろなレンタルサーバーありますよね。稼ぐブログを書き始めた私は、まず、出費を少なくしようと、安くて処理のスピードの速いサーバー...

Googleアドセンス審査に通りやすいジャンルってあるの?

Googleアドセンス審査に通りやすいジャンルってあるのかな?と、思っている人いませんか。やはり通りやすいジャンルってあるんですよ。

ここでは、Googleアドセンス審査に通りやすいジャンルを説明します。

ユーザーの悩みや疑問を解決するジャンル

ユーザーにとって有益な内容をGoogleアドセンス審査では、重視されると言われています。

ですからユーザーの悩みや疑問を解決する内容であることって、有益な情報ですよね。

読者にとって、聞きたい事を教えてあげる。悩みを解消してあげましょう。あなたが、疑問に思っていることを、あなたのWEBサイトで調べながら、Q&Aのような感じで製作してもいいと思いますよ。意外と自分がわかっていると、こんなことをみんな知らないんだなんて、気づかないから記事に書こうと思わなくてスルーしてしまう人も少なくないでしょう。

ですから、自分の知らない事を、自分のWEBサイトを先生に見たてて聞きながら回答をもらうという形式でブログを作っていくのも手法の一つだと思います。疑問を持つことが、ページを膨らませる一歩だともいますよ。

このように記事の読者にとって、ためになるものを書きましょう!

独自性のある記事にする

仮想通貨など金融関連のコンテンツは人々の財産に影響を与える可能性があるため、その信憑性が強く問われます。本当に詳しい人でないとGoogleアドセンスでは向いていないです。医療関連のコンテンツも信憑性が高いものでなければなりません。

アダルトな内容は、審査さえされません。

性的描写や暴力関係は、通らないですね。アドセンスポリシー違反がないこと

記事の内容のポリシー違反

以下の内容のブログには、アドセンス広告の掲載を禁止しています。

理由としては、このようなページに広告が記載されると、広告主のイメージを悪くする可能性があるためです。

  • 成人(アダルト)向け
  • 特定の団体や個人を誹謗中傷する内容
  • コピーコンテンツ
  • 法律に違反している内容(詐欺など)
  • アルコールやタバコ、ドラッグなどを勧める内容
  • 暴力的な内容
  • ギャンブルを促す内容

 

 衝撃的なコンテンツ

広告主様とユーザーに配慮して、衝撃的なコンテンツを表示するページに Google 広告を掲載することは許可されません。これには次 のものが含まれますが、これらに限定されません。

陰惨な、生々しい、または不快感を与える記述や画像(例: 血液、臓腑、血のり、性的な体液、人間や動物の排泄物、犯罪場面や事故現 場の写真)を含むコンテンツ
暴力行為(例: 銃撃、爆発、爆弾に関する記述や画像、処刑動画、動物に対する暴力行為)を描写するコンテンツ
過度に猥せつな言葉や冒とく的な言葉(悪態や罵り言葉)を含むコンテンツ

引用元: Google広告 ポリシー 禁止不適切なコンテンツ

Googleアドセンス審査に通りやすいコツ(技術)ってあるの?

1ページ1000文字 10ページ 記事を作りましょう。

記事を1つ製作するのに1000文字くらいは、自然と費やしてしまします。1000文字は、あまり気にしなくても書ける文字数です。10ページ作るのは、やはり無計画で作り始めるのは、ちょっと難しいですね。

マインドマップを使うと製作しやすいですよ。

マインドマップのお薦めは、

ホーム: 無料で使えるマインドマップ ソフト | XMind

これを使い記事の流れを作ってしまうんですよ。

1つの話題に対して疑問を10個考え、その疑問にまた4つくらい小さな疑問を考え記事として作っていくんですよ。

話題をパンにしますね。

パンについて、疑問を10個あげる

  1. パンの歴史ってどうなんだろう。
  2. パンの栄養ってどうなんだろう。
  3. パンの作り方はどうするんだろう。
  4. パンの種類ってどのくらいあるんだろう。
  5. パンの食べ方って、どう食べたらおいしいのだろう。
  6. どこのパン屋さんがおいしいのだろう。
  7. パンとご飯どちらがいいのだろう。
  8. パンの良い所ってどこなんだろう
  9. パンのだめな所って何だろう。
  10. パンは、いつたべたらいいんだろう。

少し考えただけで疑問が10個できました。

次に1のパンの歴史ってどうなんだろう。に対して3つから5つくらい疑問を立てるんですよ。

  • 世界でパンはいつから食べられているんだろう
  • 日本では、いつから食べられているんだろう
  • 日本のパンは、どこの国から来たんだろう
  • 日本で初めて食べた歴史上人物って誰だろう。
  • 日本のパン屋さんのはじまりって、どこだろう。

5つたってしまいましたね。それに対して、200文字くらいの文章を考えればいいんですよ。1000文字書こうとすると大変ですが、200文字くらいならだれでも書けますよね。疑問を考えることがブログを作るにあたって一番大事なんです。それを回答することによって、ユーザーの為になるサイトが作ることができます。

ただそれだけですよ。ブログづくりというのは。

自分の知識を見せるための物でなく、ユーザーの疑問を解いてあげるものなんですよ。

画像を入れる

記事に画像を入れることで、読みやすく、わかりやすいコンテンツになります。著作権など触れない画像を使うことを心がけてください。著作権フリーの素材画像やイラストを使うといいですね。

操作性の高いページづくり

Googleアドセンスは、 Webサイトがユーザーにとって使いやすいかどうかも重視しています。操作性が低いことで審査に落ちてしまうケースもあると言われています。Googleはユーザビリティを 重要としているからです。

サイドバーのデザインやヘッダーのメニューなどわかりやすいように設定してください。

最初の設定のままだとおしゃれではないので、自分なりでいいのでカスタマイズしてくださいね。

見出しの付け方に注意

WordPressのクラシックエディタで作ればほぼ問題は起きないのですが、見出しの付け方に気を付けましょう。

見出し1の使用は、1回まで。次の見出しは、見出し2。その項目内ど見出しは、見出し3。違う項目なら見出し2を使うなど、見出しの使いかたは、気を使ってください。デザインがいいから見出し2から見出し4に飛んでしまうとかしないで下さいね。

ページを孤立させない

作った記事を内部リンクで接続しておくことも必要です。次はこちらとか、他のページで知らせたいところがある場合、ちゃんとリンクを張り付けましょう。決してGoogleアドセンス審査前では外部リンクは張らないでくださいね。

お問い合わせ・プライバシーポリシー・プロフィールが必要です。

Googleアドセンスの申請には、お問い合わせ先や、プライバシーポリシーページや、プロフィールが必要です。

ブログの内容に問題がある場合に、連絡が取れる手段があるとブログの信頼性が高まります。連絡の手段は、お問い合わせページやSNSなども大丈夫です。また、プライバシーポリシーをブログに用意し、責任あるブログ運営を心かけることを明示しましょう。

コピーは、だめです。ユーザーの気持ちになって疑問を考え、それ答える気持ちで記事を作れば大丈夫です。

Googleアドセンス審査

審査期間

審査期間は短期なら1日程度中期は1週間ほどで結果が出るのですが、長期だと、なんと数週間から数カ月もかかってしま人いるようですよ。私は、1週間くらいだったかな。

審査も申し込み

STEP1.Googleアカウント取得・ログイン

STEP2.Googleアドセンスの公式ページへアクセス

STEP3.Googleアドセンスのアカウント作成

STEP4.お客様情報入力

STEP5.コンテンツのリンクづけ

このページに出てきたAdsenceにリンクの所のコードをコピーをクリック

Cocoon設定をクリック

アクセス解析・認証をクリック

下にスクロールすると

ヘッド用コードの所に張り付ける。

Googleアドセンスのページに戻り、「サイトにコードを貼り付けました」のチェックボックスをチェックし、「完了」をクリック

あとは、審査が通るのを待つのみです。

審査通過後の簡単な広告の張り方

Adsenseの管理画面でコードの取得

まず、Adsenseの管理画面で、コードの取得をします。

まずグーグルアドセンスの管理画面にログインします
https://www.google.com/adsense/

広告をクリックします。

コードを取得をクリック

 

画面が立ち上がってきたらコードをコピーをクリック

次は、WordPressの設定で

Cocoon設定をクリック

広告をクリック

広告コードの所に張り付けをしてください。

変更をまとめて保存をクリック

これで広告は張られます。最初は、広告表示まで時間がかかる場合がありますので、暫く待ちましょう。
広告を張るにあたって決め事があるので、それも見ておいてくださいね。
広告のプレースメントに関するポリシー - AdSense ヘルプ

コメント